People

Interview 02

前向きに学び続ける姿勢で
会社のサイクルを大きくする

新井 千尋 経営企画部 中途入社1年目

会社の成長が、医療介護福祉業界の未来を照らす

私が所属する経営企画部は、社内で一番フットワークが軽い部署。営業部全体の作戦を立てることから、Webサイトの制作、広告管理まで、とても幅広い業務を担当しています。今私が先頭に立って力を入れているのは、当社の人材紹介サービス『クリックジョブ』のサイトを充実させていくこと。求人数を増やしたり、施設の詳細が分かるインタビュー記事を制作するなど、利用者さまにとってより価値のあるコンテンツ作りに取り組んでいます。

私たちの仕事は、ひとことで言うと、会社全体の“サイクル”を大きくすること。Webサイトが充実すれば、求人数や利用者さまが増えて、会社の規模が拡大していくでしょう。そうすれば、日本メディカルのできることがもっと増えていく。その変化がきっと、当社の掲げる目標“豊かな高齢化社会の実現”を少しずつ叶えてくれるはず。そんな良いサイクルのなかに、自分がしっかりと存在していることを感じながら、仕事をしています。

ゼロから作りあげることの喜び

これまで私は、Webや広告の仕事に関わったことがありませんでした。だから、今はまだ、学んでいくことばかり。英単語を覚えるように、専門的な知識や言葉をひとつずつ吸収しているところです。社内には、プレッシャーや苦労さえも楽しみに変えてしまう、ポジティブな人がたくさん。そんな前向きな社風もあって、私も積極的に「学びたい」と思えるのです。昨日分からなかったことが、今日は理解できる──そうやって少しずつ知識が身につく感覚が、本当に面白い。

今はインプットの時期だから、新しいことに次々と挑戦したいです。Webサイトのコンテンツ制作をきっかけに、ライティングにも興味を持ち、もっとスキルを高めたいと思いました。自分の力でコンテンツを生みだすことに、これまで知らなかったやりがいを感じたのです。自分がやるなんて思ってもみなかった、記事の制作。チャレンジの機会が得られたのも、ベンチャー企業ならではのことです。今後は、ライター向けのセミナーなどにも積極的に参加して、力を伸ばしたい。会社のサイクル拡大のためにも、もっとコンテンツ制作に貢献していきたいと考えています。

伝えるには、まず知ることから

ゆくゆくは、会社の魅力を外にPRしていく立場になりたいと思っています。そのためには、私ひとりで日本メディカルのすべてを説明できるくらい、社内のことを熟知しておかなければなりません。だから、今はとにかくがむしゃらに、幅広い仕事にチャレンジしているところ。あらゆる業務を、スピード感たっぷりに進行する経営企画部は、社内全体を見渡すのにもぴったりな環境なのです。