FROM
HUMAN
RESOURCES
人事ブログLet’s Enjoy!

管理職になること = 出世?

皆様こんにちは!人事の安達です。

12月に入ってからの週末を使って、この1年間の振り返りをしています。
(今月は毎週末、振り返ると思いますw)

特にマネジャーの立場としての自分を省みることが多いので、最近感じていたことを数回に分けて(備忘録も兼ねて)書きたいと思います。


今まで3社の会社勤めの経験がある私。
当時の私は、とっても扱いにくい部下だったでしょう。
「あの人よりも自分の方ができる」
「自分のことを全然評価してくれない」

そんな風に感じることばかりの毎日で、顔に出やすいタイプの私は、周囲にもバレバレだったと思います。
このブログを読まれている方の中にも、今の会社でそんな風に思っている方もいるかもしれません(笑)

でも、その考え方は間違っていたと今の私なら言えます。

本来、上司と部下では与えられたミッションが違います。
仕事の優先順位も違う。
部下の立場であった当時の私は、当然ですがマネジメントの経験がないため、プレイヤー目線で部分的なことだけに注目して、上司の揚げ足を取る。そして、「上司は~(マイナス発言)」とモヤモヤするわけです。

こればかりが全てではありませんが、
結局、これって自分本位の考え方なんですよね。恥ずかしい(笑)
今、笑い話にできているだけ成長した証拠だと信じます!

そう思えたきっかけは、私自身がマネジャーになったからに他なりません。だから、マネジャーというチャンスを掴んだことは間違っていませんでした。
なぜなら、確実に自分が成長していることを日々実感しているから。

「管理職になること= 出世」 そう思っている方も多いかもしれませんが、私は「管理職になること = 自己成長のチャンス」だと捉えています。
出世という言葉から連想するものは、権力でしょうか(笑)

企業によって管理職のイメージが違うことは重々承知ですが、
自己成長したいと思っている方がいるのであれば、日本メディカルの門を叩いて欲しいです。

当社で管理職になるということは、決して権力を得ることではありません。管理職になったから偉いというわけでもありません。
自己成長のきっかけにしか過ぎません。

もっとこうなりたい!という自身の理想があるのであれば、それを当社で実現してほしいと強く思います。


実はもっと書きたいことがあるのですが、
やっぱりまとまりなく、長くなってしまうため、今日はここまでにします。

いつも読んでいただきありがとうございます!

Reina Adachi

母の誕生日に思うこと

皆様、こんにちは!人事の安達です。

今日から12月、2017年も残り1ヶ月を切りました。
この1ヶ月は、やり残したことがないように、毎日をより大切に過ごしていきたいと思います。

さて、今日はちょっとだけ仕事から離れてブログを書きたいと思います。

12/1は何の日でしょうか。
はい、愛子内親王の16歳の誕生日ですね。

そして私の母の誕生日でもあります(笑)
母について考えさせられる日は、年に2回でしょうか。(母の日と誕生日)
(もちろん、普段から気にかけているのは大前提ですが)

母の誕生日を迎えると、感謝の気持ちでいっぱいになります。

母は、私を産むまで、バリバリのキャリアウーマン。
ヘアメイクアップアーティストとして華やかな世界で活躍し、ある時は会社を経営する敏腕社長、とにかく正真正銘のキャリアウーマンでした。
誰もが羨むような(波乱万丈な)人生を歩んできた母が、自身の仕事人生に終止符を打ち、私を産む決断をした時の相当たる覚悟は私には計り知れません。

私という存在をこの世に産み出してくれたのは、母です。
母なくして私は今こうしてこの世に存在することはあり得ません。

だから私は、母にとって誇りに思ってもらえるような人間でありたい。
心からそう思います。

母は現在、難病と戦っていますが、
どんなに辛くても苦しくても、笑顔を絶やしません。

母のようなバリバリのキャリアウーマン街道を目標に、私は日本メディカルで、元気に仕事に励みます!
この世に生を受けたことに感謝をし、全てのことに全力で取り組む。
そして母のように、どんなことがあっても笑顔を忘れません!

毎年の母の誕生日には、ただ歳を重ねただけではなく人間として一回りも二回りも成長した私を見せることできるように日々精進したいと思います。

母は私にとって、偉大な女性です。
少しでも近づくことができるように、頑張りたいと思います。
追い抜くまで時間はかかるかもしれないので、長生きして欲しいです(笑)

母の誕生日を通じて、自分の決意を改めて。
私利私欲ブログでした(笑)

Reina Adachi

すべては、ベストコンディションから始まる。

皆様、こんにちは!人事の安達です。

本当に寒くてたまりません。
手足の先が冷えに冷えていて、ブログを書く(打つ?)指がかじかむ今です。

さて本日は、『すべては、ベストコンディションから始まる。』をテーマにブログを書きたいと思います。
これは、プロ野球往年の名監督の言葉です。(広岡達朗氏)

ちなみに、プロサッカーの世界では『コンディションが8割、パフォーマンスに影響する』と言われています。

実は私、スポーツ選手の技術への向き合い方や思考について興味をもっていて、常日頃からあらゆる手段で情報を収集しています。
その中から、今の私に響いたこの言葉をブログに書こうと思った次第です。(私利私欲な感じでごめんなさい)

本気で仕事と向き合っている時に忘れがちな健康管理。(私だけですか?)

時間なんて気にせずに仕事に没頭したい気持ちを抑えて、家路につく時の虚しさ。
もっと仕事がしたい!と思っても、自分の身体と向き合ってみると、疲労感でいっぱい。なんてことありませんか?
(それだけ本気になれる仕事をしてるって幸せですけどね)
・・・私は、そんな毎日をここ最近ずっと過ごしてきました。

アドレナリンが出ている時は、どんなに絶不調でも仕事が出来るかもしれませんが、大事なことはやはり『継続』させること。
一秒、一分、一時間、一日だけのベストパフォーマンスではなく、その状態を継続させ仕事に取り組むには、間違いなくベストコンディションでなければ難しいのです。

心技体という言葉を聞いたこともある方は多いと思いますが、
体心技の順番だという人もいる程、健康管理は大事なんですね。

以前、「仕事ができるビジネスパーソンは身体を鍛えている」とブログに書きましたが、通ずるものがありませんか?

プロフェッショナルにとって、体調管理をしっかりすることは、もはや大前提なわけです。特別なことでもなんでもない。当たり前のことなんです。

“根性や気合い”で乗り越えることができる年代は、気にしなくても良いかもしれませんね。(20代の頃が懐かしい)
でも、年齢は重ねます。と同時に、今まで何もしなかった身体は、どんどん衰えていきます。

だから、ちょっと無理しても影響のない身体作りをしてみたり、少し疲れたなと感じれば、休憩するべきです。
ここ最近の私は、プロフェッショナルとは決して言えない仕事の仕方だったのかなと考えた祝日の昨日でした(笑)

また長文になりましたね。失礼いたしました!
本格的な冬到来。健康管理を徹底してくださいね!!

※プチ情報(私の愛用品)
・うがい薬はラリンゴール
・手洗い、うがい、のどぬーるスプレー
・薬を飲みたい程、緊急性があればぺラックT錠
・時間を作って、耳鼻咽喉科を受診(気付けば月1で通う程)

Reina Adachi

にっぽんのマーケターを是非ご覧ください!

皆様、こんにちは!人事の安達です。

私のブログにも度々登場しているマーケターの賀来が、
この度『にっぽんのマーケター』というサイトに掲載されました!

特集ページは、その名も【美人マーケター図鑑】。
賀来の特集ページです!皆様、是非ご覧ください(^^♪

ちなみに『にっぽんのマーケター』のFaceBookページには、
賀来の撮影メイキング動画がUPされています(笑)
こちらも是非ご覧くださいませ。

仕事柄、私自身がブログ等のメディアを通じて発信したりされたりする機会は少なからずあるのですが、
こうして、仲間が記事になるというのは何よりも嬉しいです(^^♪

面接で初めて会ったあの日から、賀来のことを見守ってきました(親心)。
立派にマーケターとして成長したんだなとしみじみ。
思えば、入社時の雰囲気や顔つきと今は良い意味で違います。

そんな私も、入社した頃の写真と今を比較すると全然違うわけです(笑)
だから昔の写真は少し恥ずかしいですね。
日本メディカルに入社して2年。
仕事を通じて、凛々しくなったような気がします。

日々成長を実感する毎日です。
次回は初々しい私と、凛々しい私の写真でも比較しますか(笑)

とにかく寒い毎日なので、皆様、温かくしてお過ごしください!

Reina Adachi

自分にしかできない仕事の話

皆様、こんにちは!人事の安達です。

先週の記事が意外と好評で驚いております。
社外の方からも共感のお声を頂戴し、真面目な記事も書こうと決めました。

ということで今回は、「自分にしかできない仕事」の話。

『安達怜奈という人間は世界中でただ1人」
だから人と同じようなことはしたくないし、
誰でもできるような仕事をするくらいなら、やりたくないと思っています。

…こう書くと、やっぱり語弊があるかも(文章って難しい)

だから私には私なりの考えがあります。

仮に誰でも出来る仕事だとしても、
自分なりにコツコツと積み上げた努力で、しっかり結果が出せれば、
それは「自分にしかできない仕事」になるのではないかなと。

もし、『誰でもできる仕事なんてしたくない』という考えの方がいるのであれば、少し思考を変えてみたらどうでしょう。

他人と比較する時間があるのであれば、
誰でもできる仕事を、自分にしかできない仕事へ変えるための
小さな、細かい積み重ねを続けるべきだと思います。
もはやそこでしか、他人との差はつかないのではないでしょうか。

でも、突き詰めると、(矛盾するかもしれませんが)
「なぜ、自分にしかできない仕事をしたいのか?」の答えは
「自分の存在価値」を確立したいからなのかもしれませんね。

私は、日本メディカルに入社して初めて、
『自分の存在価値』を感じています。

この辺の話はまた長くなるので、いつか書きましょう。

Reina Adachi

憂鬱でなければ、仕事じゃない

皆様、こんにちは!人事の安達です。

今日のブログのタイトルを見て、重そうな内容だと感じられた方、
安心してください(笑)そんな憂鬱な内容ではございません。

私には、欠かさず見るテレビ番組がいくつかあります。
そのうちの1つに「世界の果てまでイッテQ!」があるのですが、
イモトアヤコ氏のこんな言葉が、ネット上で(良い意味で)広まったことをご存知でしょうか。

憂鬱でなければ、仕事じゃない

この言葉がタイトルになっている本もあります。
幻冬舎社長の見城 徹氏とサイバーエージェント社長の藤田 晋氏の著書。

なぜ、思い出したかというと、
オフィスの掃除の時間にこんなことを言われたんです。

「安達さんって、仕事楽しそうですよね!いつもニコニコしながら仕事していて凄いなぁって思っています」

思わずこう返答してしまいました。
「楽しい仕事の方が少ないよ」と(笑)

もちろん、これだけバァン!と言い放ったら誤解を与えてしまうので補足もしていますが、何が言いたいかというと、

普通の人が達成出来ないような結果や成果を残すためには、普通の人だったら選択しないような険しく辛い道を選択するということです。そして、それには、ネガティブな感情も付きまとうことになるんです。(仕事がうまく進まないとか、思うような結果に繋がらないとか、人間関係に悩んだりとか)

ネガティブな感情を持つこと自体、マイナスに思われがちではないですか?
ポジティブな感情こそ素晴らしい、みたいな風潮はありませんか?

ネガティブな感情を跳ねのけた経験こそ、必ず仕事の糧になると私は思います。

私は仕事をするとき、自信をもって取り組んでいます。
でも、決して心から楽しいと思える仕事ばかりではありません。
むしろ、憂鬱というか苦しいことの方が多い。
なぜって、敢えて苦しい選択をしているからです。

仕事をするときの憂鬱さと敢えて向き合う。
辛いだけ辛い方がいい。
苦しめば苦しんだ分だけ、やり切った時の愉しさは大きくなると思うから。

だから、憂鬱でなければ仕事じゃない。
楽しい仕事なんて、本当はないんだと私は思います。

皆様にとっての仕事って、楽しいですか?辛いですか?

Reina Adachi

ハロウィン

皆様、こんにちは!人事の安達です。

来週の火曜日は、ハロウィン?
もはやハロウィンが日本の一大イベントとして認知されすぎていてビックリです。訪日客も増えるとか。
日本の伝統行事でも何でもなく、企業の販促キャンペーンとして盛り上がったイベントなのに、ハロウィンもバレンタインも(笑)

治安の良い日本をアピールできるチャンスかもしれません!

ちなみにハロウィンとバレンタインの市場規模。
2016年に、ハロウィンがバレンタインを抜き去りました(笑)
※なんと1,345億円規模らしいですよ、すごいぞハロウィン!

SNSの普及と連動してそうだなって思って調べてみると、やっぱり正解。
TwitterやInstagramを活用して誰でも発信出来るようになった2011年頃からSNSへの投稿数も右肩上がり。
SNS映えするイベントは盛り上がりますよね。
日本のポップカルチャーは観光資源としての潜在的な力を秘めています。

ちなみに私がいた外資系ベンチャー企業でも、
ハロウィンの季節になると仮装イベントが開催されていました。

ハロウィンを社内で楽しむ企業が増えていますが
1年に1度くらい、こうした社内イベントがあっても面白いかもしれません。

仕事仲間と過ごす時間が長い分、
いろんな作戦を立てて活性化をしていかないとですね!

今年のハロウィン、渋谷や六本木はどうなるでしょう。
秘かな毎年の楽しみなのです。

ハロウィン写真は週明けにアップしたいと思います(笑)
ブログに掲載するための素敵な写真を用意するという同僚がおりまして、、、
お楽しみに。

(10/30)ブログ更新
写真ゲットしました!
KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKUにて撮影された写真。
ブログの内容とリンクする、まさに日本のポップカルチャーの代名詞とも言えるクレイジーでカワイイカフェですね(笑)
この写真以外にも複数枚もらったので、随時公開してみます(^^♪

コアラのハンバーガーだそうです!

Reina Adachi

運動をすることのメリット

皆様、こんにちは!人事の安達です。

今日は『仕事ができるビジネスパーソン』について。

仕事ができるビジネスパーソンほど、忙しい合間をぬって身体を鍛えている
なんて話、聞いたことありませんか?

運動を通じて身体を鍛えることができることはもちろんですが、別の相乗効果もあるそうです。

  1. 脳が活性化する=仕事の効率UP
  2. 体力がつく=疲れにくい身体になる
  3. 自己管理ができるようになる=タイムマネジメント力
  4. 自信につながる=正しい努力は裏切らない

仕事ができるビジネスマンは、身体的にも精神的にも良いコンディションを維持するために運動を取り入れているんですよね。

ということで、私も仕事が出来るビジネスウーマンを目指すべく(笑)
今年の7月からFeelCycle始めました!

嬉しいことに、今では社内にもFeelCycleの輪が広がり、仲間も増えました。

本格的な運動は久々すぎる私ですが、やっぱり運動をするメリットは多いように感じますね。
身体も頭もスッキリするのはもちろん、普段だったらダラダラして過ごしてしまいそうな時間も、FeelCycleへ行こう!と運動に時間を変換するようになりました。

少しずつでも身体に変化があれば、努力した実感が湧きますし、もっと夢中になるかもしれません。

同じように、仕事に置き換えてみても運動と通ずるものがあるような気がします。

最近の私は、今まで苦手としていた仕事にも果敢にチャレンジしています。
そして、そこに向ける努力は、いつか必ず報われると信じています。

運動を始めた決意。
苦手なことを向き合う決意。

この決意を忘れることなく、ひたむきに毎日過ごしていきます!

Reina Adachi

就活情報誌『Future × Stage』発刊のお知らせ

皆様、こんにちは!人事の安達です。

今日はとっても寒いですね。
寒暖差が激しいので、今まで以上に体調管理に努めたいと思います。
皆様も気を緩めることのないようにお願いしますね!

さて今日は嬉しいご報告です。

先日のブログ(2017.6.30)で触れたのですが、
取材を受けた就活情報誌『Future × Stage』が発刊されました(^^♪

こちらは大学に配布されるフリーペーパーとなっております。
多くの学生の方に、日本メディカルのことを知ってもらえる素敵な機会をいただき本当に嬉しいです。

現在、新卒採用は動いていませんが
就活情報誌『Future × Stage』を見て興味を持ちましたと
いつか言ってもらえる日がくることを期待したいと思います。

就活情報誌『Future × Stage』は紙媒体のみなのですが、
近い将来、WEBサイトも作られる予定とのこと。
掲載されたら、また宣伝させていただきます(笑)

お時間あれば、下記写真を拡大して読んでくださいね!

就活情報誌『Future × Stage』の実際の記事です!

Reina Adachi

大阪出張でしみじみ感じたスターバックスのこと

皆様、こんにちは!人事の安達です。

寒暖差が激しい毎日ですが、皆様お変わりないでしょうか。
私は粘膜が弱いため、ここ最近は毎月耳鼻科通いです(笑)
「来月は会わないことを祈ります」ってドクターに言われました…

実は、昨日今日と久々に大阪出張の私です!
今日はあいにくの雨模様なのですが、いつもと違う環境でブログを書くには新鮮ですね!

昨日は早朝に大阪入りし、スターバックスでモーニング。
スターバックスはどこの店舗に行っても、変わらない美味しさと素敵な接客を提供してくれるので安心感があります。
もはや当たり前の感覚になっていると思いますが、よくよく考えてみると、これって凄いことだと思いませんか?

実は当社が入居しているオフィスビルには、偶然にもスターバックスがあったり近隣にあったりで縁深い…(と、私は勝手に運命感じてます)
本社の周りなんて至近距離で3店舗ありますからね!(笑)

スターバックスの接客やブランド戦略については
何冊も書籍が出版されているので読んだことがある方も多いかもしれません。

組織の仕組みを知りたい方はもちろんですが、
自己啓発という意味でも参考になる内容がたくさん散りばめられているんですよ。

ちなみに私は今、【ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由】という本に興味をもっています。
これを読むと、『自分の仕事への姿勢が変わる』と言われているようです。
(人生観が変わった人もいるんだとか・・・)

この本のタイトルにもなっていますが、
成功している企業に共通していることは、【ミッションを大事にしていること】だと思いませんか。

当社にも、『豊かな高齢化社会の実現』というミッションがあります。
これからもずっと変わらない大切な使命です。日本メディカルの存在意義です。

多くのメンバーと、このミッションを共有し、歴史に残る会社を創りたいと思います。

やっぱり文章にすると長くなってしまうのが私のダメなところ(笑)
これでもかなり削りました。
次回はショートブログでいきたいと思います。

大阪事業所の受付です!写真では全て写せなかったのですが、重厚感のあるかっこいい受付です!

Reina Adachi